バイトを探す基準

若者を中心に人気の飲食業のアルバイトがあります。忙しい時期を前に求人を出しているお店が多く仕事内容も様々です。数多くある求人の中から仕事を探す基準として挙げられるのが、時給のようです。
時給によって、どのバイトを選ぶかを判断し、時給の高いバイトを始めるのが一般的なバイト選びの方法なのです。バイトの時給は、労働基準法が定める労働になりますので、最低賃金が適用されます。ですから、どのアルバイトを選んでも時給が低すぎるというケースは、まずないでしょう。ですので、時給については、どのバイトを選択しても、時給にそれほどの差は出ないと思ってよいでしょう。

スーパーなどのバイトの場合、時給が最低賃金より少し上の程度ですが、それでも普通の給料ですから、接客業がしたい方にはよい仕事が出来るでしょう。大抵のバイトの時給は、どのバイトも同じ程度ですが、中にはとても高い時給のバイトもあるのです。
パチンコ店でのバイトや、コールセンターのバイトの時給は高くなっています。事務系のバイトであっても、高い能力があれば、高時給のバイトになります。ただ、基本的には大抵のバイトの時給は大差ないのですから、自分がしたいバイトをやるのが一番でしょう。

バイトにおける労働は、先述の通りで法律の労働に当てはまります。そのようなわけで、最低賃金が決められており、一定以上の時給が保証されるのですが、他には、深夜の時間帯に働くと、時給が割り増しされます。深夜10時から朝の5時までの間の労働に対する賃金は、2割5分のアップが義務付けられているのです。ですので、仕事内容が同じでも、バイトするのが深夜というだけで、時給が相当に高くなります。1,000円の仕事が1,250円にまで上がります。
バイトを選ぶのでしたら、仕事内容も大事ですが、就業する時間帯も重要となってくるのです。そのようなわけで、やりたいバイトが深夜の勤務が可能ならば、深夜帯にバイトすることで、希望の仕事が出来て、より高い時給で働くことが出来る、よりよい結果になるわけなのです。

PROFILE

プロフィールイメージ
サイト管理人

本物の池田

e-mail

info@hivideolove.info

今日のオレ流

夕陽を見て少し涙を流す

BLOG PARTS